【VIP ルーム】

控えめの派手な貴賓の両端の部屋、独りでとても大きい室内坪数を持って、部屋内の思いやりの地位の主人は面談する区を区別しだして、ここで区内は360度の回転するテレビ、貴賓のソファー、冷蔵庫、飲み物、茶などがあって友人を接待して、静態の空間の部分は寝室および日本式休む区があることに計画を立てて、このような動静区のあける空間は手配して、至る所にはっきりと貴賓の厚遇の心に対応して、取り上げる価値がありますの窓に任せてすぐ屋外の花や木のある庭の景色を鑑賞することができるので、あるいは日あるいは夜あるいは濃緑色ですあるいはひっそりとした光景、いっそう貴賓の両端の部屋は染めて異なっている雰囲気を拭いて、座るためにその間の客達をも囲んでいくらかの気持ちを加えます。